キャスト

チェ・ソクボン

オソンホテルのベルボーイ。財閥の一族というだけしかわかっていない、まだ見ぬ父との再会を夢見てセレブに相応しい教養を勉強中。母が父から贈られたペンダントを唯一の手がかりに、父を探すためセレブが集まる最高級ホテルで働いている。いかなるときも、堂々とした優雅な態度を取ることを心掛けている。オソングループの後継者シンミに好感を抱くが、彼女が異母姉かもしれないとわかる。


チ・ヒョヌ
1984年11月29日生まれ。音楽活動のかたわら、03年にKBS公開採用タレントに合格し俳優としても活動を開始。「オールドミス・ダイアリー」(04)で、ヒロインを愛する年下男性を演じ“癒し系”俳優として人気を得る。以降「黄金のりんご」(05)「オーバー・ザ・レインボー」(06)「メリー&テグ恋のから騒ぎ」(07)に立て続けに出演。08年は「マイ スウィート ソウル」でSBS演技大賞ニュースター賞を受賞。また、KBSの週末ドラマ「愛しの金枝玉葉」で人気を高めた。ロックグループ「The Nuts」のギタリストとしても活躍。

イ・シンミ

オソングループの社長令嬢であり、グループの本部長。超一流セレブでありながら、デパートでは買い物をせず、化粧品はサンプルのみという「ド」が付くほどのケチ。世の中で一番許せないことはお金の無駄使い。仕事人間で家庭を顧みなかった父のせいで結婚に興味がなく独身主義を通しているが、繊細で女性らしい一面も。喧嘩ばかりしていたソクボンに命を救われ、やがて彼に惹かれていく。


イ・ボヨン
1979年1月12日生まれ。2000年、ミスコリア大会に出場したのがきっかけで芸能界入りし、同年「ニューノンストップ」でドラマデビュー。映画『マイ・ブラザー』(04)でシン・ハギュン、ウォンビン演じる兄弟から愛される娘を演じて注目された。その後は主役級へと成長。「薯童謡〔ソドンヨ〕」(05)「ミスターグッドバイ」「ゲームの女王」(06)などのドラマでヒロインを務める一方、『卑劣な街』(06)『ワンス・アポン・ア・タイム』(08)『悲しみよりもっと悲しい物語』(09)などの映画でも活躍。

チュ・ウンソク

飛躍を続けるフロンティアグループの野心満々の後継者。外見・財力・頭脳…全てが揃った男。弱小財閥として財界の隅で侮辱を受けてきた父を見て育ち、後継者としての怒りが胸に刻み込まれている。韓国のパリス・ヒルトンと呼ばれるセレブ嬢、テヒから猛アタックされるが、狙いは韓国トップの財閥であるオソングループ後継者、イ・シンミ。


ナムグン・ミン
1978年3月12日生まれ。1999年のKMTVミュージックスター選抜大会でVJ大賞を受賞し芸能界入り。映画『バンジージャンプする』(01)に出演し、俳優活動を開始。「ヒットファミリー」(02)のメガネをかけた大学生役が「ペ・ヨンジュンに似ている」と注目を集めた。「真珠の首飾り」(03)を経て「かけがえのない我が子」(04)で主演。
「バラ色の人生」(05)「ある素敵な日」(06)で大役を務め、『卑劣な街』(06)や『ビューティフル・サンデー』(07)では悪役や犯罪者を演じ飛躍を遂げる。本作は除隊後初の作品。

プ・テヒ

プホグループの後継者だが興味があるのはショッピングだけで、父の会社で名ばかりの顧問を務めるトラブルメーカー。
太りやすい体質でストレスが溜まるとケーキのヤケ食いに走る。世界は自分を中心に回っていて、お金で買えないものはないと思っている。彼女の思うようにならない唯一の男性、チュ・ウンソクに夢中。シンミを何とか邪魔しようと躍起になっている。


イ・シヨン
1982年4月17日生まれ。2008年、TV映画『都市奇談デジャヴュ シーズン3−シンドローム』でデビュー。「風の国」(08)、「花より男子〜Boys Over Flowers〜」(09)などに出演するかたわら、チョンジンと仮想カップルを務めたバラエティ「わたしたち結婚しました」が話題となり注目される。映画『ホン・ギルドンの末裔』(09)でコメディエンヌとしての才能を見せ、ドラマ「千万回愛してます」にも出演。10年は『イタズラなKiss』に出演。

イ・ジュンホン

シンミの父でオソングループ会長。ホテルやカード会社など様々な事業を手がけている。仕事のため妻の死に目に会えなかったことで、娘から恨まれている。飼い犬のラッキーを息子のように可愛がり、寂しさを紛らわしている。


ユン・ジュサン
「アイリス」(09) 「鉄の王キム・スロ」(10)ほか。

プ・グィホ

テヒの父でプホグループの会長。本来後継者だった亡き妻の兄、ジュンテが事故に遭ったことから会長となる。婿という引け目から御曹司ジュンホンに対しライバル意識を燃やす。問題ばかり起こす娘と幼い息子が頭痛のタネ。


キム・ウンス
「青春礼賛」(09)ほか。

チュ・ヨンダル

ウンソクの父でフロンティアグループの会長。倒産の危機をくぐり抜けグループを大きくした苦労人。会社のためには汚いこともやり、検察に召還されたことも。息子とシンミを政略結婚させ、グループを大きくしようと目論む。


パク・ヨンジ
「同伊(トンイ)」(10)ほか。

キム・ダルス

オソンホテルでキャプテンを務めていたが、後にイ会長の家の執事となる。部下を叱咤し、噛み付こうとする様子から“ブルドッグ”と呼ばれている。テヒの秘書、ユン・マルジャに片想いし“天使”と呼んで追いかけ回す。


パク・チョルミン
「ニューハート」(07) 「ベートーベン・ウィルス」(08)ほか。

ハン・ソジョン

シンミの秘書。普段は気難しいシンミの顔色を窺っているが、時にははっきり本音を口にし、恋愛に疎い奥手なシンミにアドバイスすることも。財閥の父を探すソクボンに同情し、彼を助けようといろいろと奔走する。


シン・ダウン
「ニューハート」(07) 「家門の栄光」(08)ほか。

ユン・マルジャ

テヒの秘書。名門校の韓国大学を優秀な成績で卒業しプホグループに就職。わがままなテヒに振り回されて私生活もなく、毎日疲れている。ダルス、ピョンドらに求愛され急にモテモテになるが、彼女が選んだのは…。


チョン・ジュウン
「楽しい我が家」(10)ほか。

ユ室長

オソングループ企画室の室長。シンミの機嫌を損ねないようあくせくしている。待望の男の子が誕生し喜ぶが、1男2女の父として教育費や生活費に頭を痛めている。お金のためにトンデモない行動に出る


キム・ドンギュン
「シークレットガーデン」(10)ほか。。

ウ・ピョンド

ソクボンとシンミが釣り場で出会った謎の男。ソクボンがなくしたペンダントを拾ったのが縁でソウルに上京、ソクボンの下宿に居着いてしまう。ダルスの旧友で借金を踏み倒した過去がある。マルジャに一目惚れ。


ソン・ジル
「ロビイスト」(07) 「スターの恋人」(08)ほか。

ウ・プンオ

ピョンドが20歳の時に若気の至りで生まれた息子。父を追ってソクボンの下宿にやってくる。父とは似ても似つかないイケメンだが、行動やクセなどはそっくり。歌手になって一発当てることを目標に作詞作曲に励んでいる。


チャン・ユジュン
(ボーカルユニット“I the Tri top’s”メンバー)「愛しの金枝玉葉』(08)ほか。

ハ・ジュンテ

テヒの伯父(テヒの母の兄)。プホグループの後継者だったが、希少金属の開発にのめり込んで、鉱山の権利取得のために赴いたキルギスタンで事故に遭う。失語症や記憶障害を患い長期にわたって入院生活を送っている。


ミン・ウク
「龍の涙」(96) 「王と妃」(98) 「太祖王建」(00)「結婚してください」(10)ほか。

ソン・ホヨン(若き日のソクボンの父役)
1980年3月26日生まれ。99〜05年まで絶大な人気を誇った男性5人組のダンスグループ“g.o.d”のメンバーとして活躍。
現在はソロ歌手として活動。ドラマ出演は08年のケーブルドラマ『愛はおいしい』以来。本作ではソクボンの父親でスマートなセレブ役として特別出演。